2013.08.29

<山日記>2013.8.14-17 双六・三俣蓮華・笠 ④ ~笠の朝 そして笠新道

お盆 山紀行④最終回

①はこちら
②はこちら
③はこちら

最後の日
この日目覚めて、テントから顔を出すと こんな素敵な景色
130818
ほんと、4日間 天気に恵まれてよかった~と思えて 
この景色を見ると、山頂で朝を迎えてくなって、朝ごはんの準備・・・
そして、その間にカメラはシャッターを切って ちょっとした星の軌跡と穂高の山々を!!

コーヒーで身体を温めて、いざ頂上へ
頂上にはそれなりの人がいます・・・
ちょっとずつ空が赤らみだして 下には雲海
なんと素敵な景色
b130828_001.jpg

霞沢の奥には 富士山も見えてます
b130828_002.jpg
でも、それ以上に 雲海がきれい・・・

乗鞍 奥に 御嶽
b130828_003.jpg
似たような姿でこれまた浮かんで綺麗~

せっかくなので・・・
富士山にはもうちょっとアップに
b130828_004.jpg

正面に立山 いつも見てる山だけに どこから見ても愛着がある!
b130828_005.jpg
ちょこんと剱もみえてますし、左に薬師、右に水晶
なんと素敵な北アルプスの北側♪

槍さん ずどーんと!
b130828_006.jpg

槍から南まで
b130828_007.jpg

雲海の穂高
b130828_008.jpg
こっち側から見る穂高もかっこいいですよね!!

残念ながら ご来光とはいかず
ただ、徐々に雲海が薄れてきて

焼岳方面 は朝の淡い光に包まれて きれいです
b130828_009.jpg

笠から続く稜線・・・
b130828_010.jpg

さぁ、テントに戻り 出発の準備
既に かなりテントの数は減り ラストに近い撤収
頂上にいすぎた(笑) これから下山だけですし、これだけの景色ですし・・・ 仕方がない^_^

バイバイ 笠!
b130828_011.jpg

こっち側から見ると 笠には肩があるんですよね~
b130828_012.jpg

槍へとつづく道     みたい
b130828_013.jpg

穂高が顔を出す!
b130828_014.jpg

抜戸岩 この切れ込みがかっこいい~
b130828_015.jpg

さー、新道の分岐から いざ 下る!

杓子平まではお花がいっぱい
タテヤマリンドウ
b130828_016.jpg

ダイモンジソウ
b130828_017.jpg

コバイケイソウもいっぱい 笠と白色と
b130828_018.jpg

杓子平まできました~ 笠もみおさめ?
b130828_019.jpg
ここで、昨晩テントがお隣だった方に再び出会う。
同じくここでであった男性とは 似たような時間でこの先下ることに・・・

さー、くだりの本番
正直、ここまででも十分下ってるんですが(笑)
b130828_020.jpg

またしばらくはお花が多い
b130828_021.jpg

色がいっぱいのお花畑 
b130828_022.jpg
それにしても、トリカブトの色ってどこでも目を引くなぁ^^;

ニッコウキスゲと 穂高 槍
b130828_023.jpg
このくだりは、かなり視界が開けていて、槍穂がよく見えてナイスビューです
でも、視界がいいということは 日差しが暑い・・・>< 下りるほどに気温も高まり暑さにやられはじめる(汗)

ごつい岩の下り道が続きます・・・
b130828_024.jpg
杓子平から下(特に上部)は、6割くらいが岩・石の道
なかなか微妙な道・・・
途中似た感じで下りる人と つらいね~なんていいながら 下る下る
そんな感じで下って、写真は割愛(笑)
ようやくついた~
b130828_025.jpg
ここで飲む水はおいしい けど ちょっとぬるめ

このあと、今日双六から笠経由できたという女性に出会う
なんて健脚なんでしょう!!

さー、あとはのんびり新穂に歩きます
b130828_026.jpg
中崎橋から見る岩は 白くてきれい

そして、風穴でしばらく涼んで いまから山に入るご夫婦とお話を・・・
似た感じで新道を下りた関西の方と ここでまたお会いして、お話をしながら歩く。
そういえば、あまり関西の人ってお見かけしないような。関東率高い気がします・・・・

そうこうしてると、新穂に そして、もうちょっと歩いて駐車場まで戻る
車に戻って、靴を脱ごうとしてるとき
後ろから名前を呼ばれる・・・!!

えっ って思いました。山で知り合い??

2日目までご一緒だった 矢車草さんご夫婦でした!!
お二人は槍経由で下山。 まさかここで一緒の時間になるなんて思ってもいませんでした。
こちらは遅い時間からの下山でしたし。 でもお二人もいろいろとごゆっくりだったみたいで!

そのまま中崎山荘へ一緒にお風呂に行きました~
この再会はかなり衝撃であり、びっくりであり お二人にお湯も喜んでいただけたようで ホッ

ここでお二人とはお別れ お二人はこれからの道のりも長いですんですよね~ 
お気をつけて^^ また山でお会いしましょう!

そして、帰路へ 2時間かからずの帰宅。 やっぱり北アルプスの近さを実感

宿題も抱えつつ、全般的にはお天気にも恵まれ
いろいろな景色が見え、やはり久しぶりに槍に行こうかなという気分にもなりつつ
人との出会いがおおい すてきなお盆の山行4daysでした。


でも、このあとの土日は 雨・・・
この週末も 雨・・・の予報
ハイシーズンに2週連続足踏みは つらいですね~

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
2013.08.27

幸せの

幸せの 黄色い ・・・ 封筒
 中に入ってたものは 光り輝いてる!!


130827.jpg

5DMarkIII/EF50mmF1.2L+600EX-RT,F1.2,1/1000s
date 2013.8.27

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 21:10 | スナップ | COM(0) | TB(0) |
2013.08.26

<山日記>2013.8.14-17 双六・三俣蓮華・笠 ③ ~笠へと続く道

お盆 山紀行③

①はこちら
②はこちら


さ、お盆山紀行の第三弾です。
ホントはもっと前に書こうと思ってたのですが・・・
前々から悲鳴をあげはじめていた写真を処理しているメインのデスクトップPCがついにもうダメと言ってきました。
5DMarkIIとほぼ同期 PCとしてはほどほど頑張ってくれたでしょうか。データのbackupも問題なかったので一安心。
週末は、次のPCの手配をしました。今週末に組みあがる新しいPC(セットアップ、細かい設定などを考えるともうちょっと先かな)までは、モバイルで凌ぎます(モニターの色がさっぱりなので不安ですが)。
ほぼ同タイミングでプリンターもダウン。続きますねぇ・・・
そんな余談はさておき

16日
この日は一度起きだして
昨日ゆっくりと見えなかった星空ウォッチング
b130826_000.jpg
天の川もくっきり
やっぱり山で見る星って素敵です。
満足してテントに戻るも、ちょっと身体が冷えすぎたようでなかなか寝付けなかった・・・

まだ夜も明けぬ中
次第に周りが騒がしくなる。早出の方が多くて・・・
朝ごはんを食べるころ、おふたり(矢車草さんご夫婦)も槍に向けて出発。お気をつけて~

そして、ご来光を見たらすぐに発てるように
テントの夜露をぬぐいながら、撤収。 この日の夜露はなかなかのもので、ぬぐいきれなかったテントの夜露が地味に重かった(汗)

そして、小屋の横でご来光をまつ
地平線上の雲がなかなか素敵な形。 まるでフェニックスの頭のような形で、金色に
b130826_001.jpg
やっぱりご来光はいいものです。
ようやく今シーズン初めてみました。
お天気や雲の悪戯で見えなかったり、モルゲンモート狙いで太陽に背を向けていたり。ホント何度目の正直だろう(笑)
こんな素敵な景色に背を向けているなんて、罪な人ですね^^;

テン場、双六池、そして今日の目的地の笠
この朝の景色もいいですね
b130826_002.jpg
撮り終えていざ発とうというとき、ちょうど昨日ご一緒になった矢車草さんのお友達のみっちゃんさんにもお会いできました!
槍に向かわれます、お気をつけて♪

いろいろな方向からの人が行きかう ここ双六
まさに北アルプスの交差点ですね

さ、歩き出すと すぐ 鮮やかながら毒々しい 青が
この光があたってないこの色、雰囲気が好きだったりします~
b130826_003.jpg

ちょっと歩くと
槍さん おはようございます
b130826_004.jpg
西鎌尾根から洩れる朝の光 逆光
とても素敵な朝の景色です

西鎌尾根もきれいです
b130826_005.jpg

弓折乗越まできました~
b130826_006.jpg
ここから先は 笠へと続くロード

すぐに目に付いた ハクサンフウロ
b130826_007.jpg
ちょっと穴の開いちゃったかわいい花 そして日がまだ当たらぬこの色味
なんか雰囲気がたまりません

弓折岳を越えると
大ノマ乗越までの下り
b130826_008.jpg

そして大ノマ岳への登り
b130826_009.jpg

左手には 常に逆光の槍・穂
b130826_010.jpg
逆光の輝かしいこの姿を見ながらの稜線歩きって幸せです

大ノマ岳からは秩父岩が見えてます
b130826_011.jpg

山で一番見る花の色って 黄色かもしれません。
あちこちに黄色
b130826_012.jpg

さ、秩父平からこれから登る先をみる
b130826_013.jpg

斜面にはコバイケイソウ
ちょっと露出差が激しいシチュエーションですが、白い花と秩父岩と槍穂~ なんともいえない景色ですね
b130826_014.jpg

岩肌 かっこよすぎです
b130826_015.jpg

そうこうしてたら、再び笠が見えた
b130826_016.jpg
あとは数度のアップダウンを繰り返しながら 笠を眺めながらの稜線歩き

笠新道との分岐手前で荷物をデポして
抜戸岳に登る けど ちょっとひどい道 そんな距離ないけどルートが分かりづらかった

ここも素敵な景色が広がってます
b130826_017.jpg
そして、笠へ

時折ガスがかかりながらも、見えてます~
b130826_018.jpg

抜戸岩 せっかくなので、笠さんに写っていただく!
b130826_019.jpg

もうちょっと 小屋の直下の雪渓の横がテン場(テン場は歩いてると見えなくて、突如現れます)
b130826_020.jpg

もうちょっとだよって、雷鳥くんが先導してくれます
b130826_021.jpg
ホントは 横にファミリーがいたので警戒してたんだよね。ゴメンなさい。
かわいい子雷鳥もちょこちょとと歩いてましたよ~

テン場にザックをおき、空身で小屋に
意外とテン場から小屋が遠いんですよね・・・
b130826_022.jpg
お昼ちょっとすぎ、受付を済ませて、なんとなく飲みたくなったオレンジジュースを抱えてテン場に戻る。
テントを設営・・・する前に、フライなどを天日干し。結構濡れてましたので・・・
その間にお昼ご飯。
そしてテント設営。

それから、てっぺんに登る
b130826_023.jpg
上から見た、小屋(左)とテン場(右下)

頂上の広場からちょっと離れたところに神社がありました。
無事ここまでこれて、ありがとうございます!
b130826_024.jpg
はい、相変わらずお昼をのんびり取ってる間に槍穂はガスの中(笑)

頂上でソロの女性と男性とお話しながらガスが晴れるのを待っているものの、晴れない。
女性の方、お話を聞いてると関東から来られてて、今回がソロでは初の北アルプス。
そして、2週前のひどい天気だった剱にもいらっしゃってたようで、同じとこにいたんだなと、これまた面白い縁。
男性の方は、テントがお隣!そして、下山時もお会いしました。

テン場に戻る際、小屋でビールを調達して・・・
今回の山行での最後の晩餐

日も暮れ、ガスにも包まれてたので一旦寝ようとするものの
寝る準備をしている間に ちょっと明るくなったような気がしてテントから顔を出してみると

月明かりに照らされて 見えてます!! 穂高さんも槍さんも
b130826_025.jpg
月明かりに照らされる山の姿って 大好きでよく撮ってしまいます・・・
テントからこの景色 贅沢なテン場です♪トイレが遠い以外は最高だ!!

小屋と月と・・・そしてテントたちと
b130826_026.jpg

テントの奥には 北斗七星
b130826_027.jpg
夜の素敵な景色を堪能して、今日はおやすみなさい


こんな山3日目
つづきはまた後日

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
2013.08.25

写りこんだ先には

写りこむ先には
 何が見えるのだろう
ちょっとゆがんでるけど きっとそこには・・・


130825.jpg

EOS-M/EF-M22mmF2,F2.2
date 2013.8.24

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:55 | スナップ | COM(0) | TB(0) |
2013.08.24

ホットフィールド

ホットフィールド ~富山/黒部 

昨日はありえない雷雨。
天気のいたずらで、立山登山は延期になったので、行きたいと思っていたホットフィールドへ
雨具も持って万全だったけど、お昼には晴れ間が~
そんなものですよね・・・
2013_08_24001.jpg
リストバンドは紙。 これがなかなか新鮮。

2013_08_24003.jpg
青空の下、ローカル夏フェスならではのゆるい感じ

2013_08_24002.jpg
フェスの楽しみの一つ。青空の下、ビールにごはん!

2013_08_24004.jpg
夕暮れ時 でもこれからまだまだあるんです・・・
このフェス、夜が長い


今回のメインの目的、Salyuが目の前だった♪(このとき、最前列に行けた~)
やっぱいい声。相変わらずの雰囲気。1年ぶりのsalyuはもう目の前過ぎて、明からに自分に手を振ってくれた・・・(笑)
福原美穂は相変わらずのパワー。で、綺麗だわぁ
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDも思いがけず良かったし、ハナレグミもいい雰囲気!!
レキシはいいノリだったり♪


地元の、ローカルな、そして、どこか緩い
2週前のサマソニとはホント比較の土俵に乗せようがないような別物!!!
そんな、ホットフィールド 
天気もよく(汗)、アーティストも雰囲気もよく楽しめた。

今日の写真のカメラ:canon EOS-M/EF-M22mm F2STM

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:59 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.08.22

<山日記>2013.8.14-17 双六・三俣蓮華・笠 ② ~双六はご機嫌斜め

お盆 山紀行②

前回はこちら

14日
まったりと過ごした鏡平を背に いざ稜線をめざして登る
振り向けば下に鏡平に山荘 コバイケイソウの咲きほこる先には槍穂♪
b130822001.jpg
やっほーい。この景色だけでテンションが上がる。

しかし・・・この後、この山行最大のアクシデントが
突如 痛っ!!
手に刺さった。 ハチ ><;
もう必死です(汗) 急いで毒出して。。蚊に刺されたようにちょっと膨れたと思ったら、ちょっと赤くなってくる でも、あまり痛みはない
あー、どうなることやら 
気を取り直して、取り敢えず 登ることに

弓折乗越 着
今日の登りはだいたい終了!
b130822003.jpg
ここから見える景色もいいなぁ

そしてここには、お花畑
b130822004.jpg
ハクサンイチゲ 大小のシナノ・ミヤマキンバイ
綺麗でしたね

更に歩くと 雪田
b130822008.jpg

そして、双六も見えて、手前はお花畑 その名も花見平
b130822009.jpg

青系の花は好き
b130822010.jpg

西鎌尾根もはっきりと!!
b130822011.jpg

ついに今日の目的地が見えた♪
b130822013.jpg

まだ12時ちょっと前なのにテントがいっぱいある^^;
b130822014.jpg
早速、受付を済ませ、テント設営。
道中かなりご一緒だったお二人のお隣に設置させてもらいました。

で、ちょっと不安だったハチ刺され
サマーレスキューのお世話になることに
b130822015.jpg
結果、刺されてるけど、問題なし!との診断
ホッとしました>< 
この前の劔でも感じましたが、お医者さんって偉大です。しかも山の中での!


これで安心してビールを飲める(笑) まずは到着のビール!
そしてお昼ご飯を食べてる間にガスが湧いてきて 双六に行くのを断念
そして お昼寝

起きだして
そろそろ晩御飯をと思って準備をしようとすると
お隣のお二人がちょっと先で色々な方とお話を お知り合い?

ブログで知り合った方々だそうで、こんなところでこんな大勢の方が集まれるのもすごいなぁと感動

せっかくですので、小屋の前でみなさんと乾杯!!
でも、座る場所もないくらい混んでたので 残念でしたがテントに戻り、ご飯を作る

今日のメニュー 
ウィンナーはお二人からのいただきものです^^ありがとうございました♪
b130822016.jpg

そのあと、ちょっとガスが晴れてきたので
せっかくなので樅沢岳にお二人を誘ってアーベントロートの槍を見に!

登り始め
テン場をみると、こんな感じ。
もうギューギュー 素敵な埋まり具合です
b130822018.jpg

で、樅沢岳に到着
ところが、穂先が雲の中 お二人、誘ったのにこんな感じでごめんなさい
b130822019.jpg

でも、待ってると穂先がチラリ
b130822020.jpg

せっかくなのでもっとアップ
b130822021.jpg
やや不完全燃焼でしたが、穂先が見えたので良しとしよう!

薄暮にイワギキョウが映えます
b130822022.jpg

鷲羽方面の夕暮れ 明日はあっちのほうだ!
b130822023.jpg

月が出て、うっすら笠
待ってろよ♪
b130822024.jpg

と、こんな初日を終えます

15日
朝は早く2時半起床 外にでると満天の星
よっしゃー すごろくからの朝と流星撮るぞと意気込んで 出発

ところが・・・
b130822025.jpg
山頂着 3時半 この時既に 世界はガスの中
このあと日の出まで寒い中粘りますが、ガスは一向に晴れない
これが この山行でも記憶に残る苦行 寒かった

そうこうしてると、ちょっとずつ 明るくなりだして
撮るものがないので 山頂でも(笑)
b130822026.jpg

日も昇り 山頂で同じく中腹で同時刻から登りだして写真の撮れなかった方と話を・・・
この後 雲ノ平に行かれるらしい いいなぁ。また行きたい!

お二人も登ってこられ、ここで先に行かれました~ きっとまた出会えるだろうな。

朝のガスでも こんな暖かい色に包まれた チングルマ
b130822027.jpg

ミヤマアキノキリンソウかな~ いっぱい咲いてた
b130822029.jpg

ちょっとずつ ガスが薄くなってきた! 期待できる?
b130822030.jpg

と思ったら、槍見えた♪
b130822031.jpg

うっすら 鷲羽も
b130822032.jpg

で、ガスが薄まり 朝の光に包まれて 素敵な景色が
130819

三俣蓮華につくころにお二人に追いつき
世界はくっりりと素敵な景色
槍 くっきり
b130822034.jpg

鷲羽 くっきり
b130822035.jpg

ヨツバシオガマ 結構好きだな
b130822036.jpg

三俣山荘 見えた
b130822037.jpg
ここで、去年の山行を思い出した~
ちょっと壮絶だったからな。。。 ずっと雨で、鷲羽の下りで膝がロッキング
三俣山荘につく頃には お先真っ暗だった  って

まあ、そんなことを思い出しつつも三俣山荘に着
が、思ったよりも遅くついちゃいました。
ガスが晴れてから結構写真撮ってたからな(笑)

ここで、鷲羽に行くかの選択 
行っても普通に帰って来れる時間だけど
今回のまったり目標が達成できなくなる!
お二人もここまでということなので
踏ん切りもついて、今日はここで引き返すことに

だって、雲ノ平も見えたし 薬師も見えたし、黒部五郎も見えたし
鷲羽、ワリモ、水晶の連山も見えた。 

去年見えなかった景色が見えただけで満足
あえて、因縁の鷲羽は残しておこう♪

で、三俣山荘の食堂へ
b130822038.jpg
おしゃれなんです。でも中が暗くて^^;
山にはフラッシュを持ち込んでないので、この雰囲気写真で我慢

まずは腹ごしらえ
b130822039.jpg

その後は デザート
b130822040.jpg

はい、ここのお味はグッドでした。
お腹も満足したので、さ、戻りましょ

三俣山荘 バイバイ
b130822041.jpg

三俣蓮華に
黒部五郎がいい感じで見えてる ここのカールって遠目で見てもすごいよね
b130822042.jpg
去年、カールを歩いた感動が蘇ってきた
また行きたいな・・・ 来年はここに行こうかな。

で、ここでまた出逢い
お二人のお友達とここでバッタリ 
裏銀座をソロの方。
今日ここを通ることはお互い知っていたようで 食堂でまったりしているあいだに行き違いだったようで
でも、ここ会えるってすごい!!お二人の山人脈にまたまた感動です。

で、ガスリベンジで再び双六に(ホントは巻道でカールを歩く予定でしたが、朝景色が見えなかったので)
b130822045.jpg
はい、ご覧のとおり ガスです
双六さんには嫌われてるみたいです^^;

双六の中腹はなだらか
b130822046.jpg

ホントなら、この道の先には槍が(ほんとは、この瞬間うっすら写ってるんですが、見えますか??)
b130822047.jpg

旦那さん ジャンプ
ジャンプ写真が多くて 絵になるんですよ~ 便乗写真でした
b130822048.jpg

小屋に戻って 4人で乾杯
今日はおでん付き
b130822049.jpg

今日のテン場
昨日よりはすっきり でも多めですね
b130822050.jpg

この日はカレーを作って食べて
まったり2日目が終了です。
この日、お隣テントの男性とは、カメラやいろいろな話で盛り上がっちゃいました。

また、お二人は翌朝早出をされ、西鎌を歩まれて槍に・・・
ということで、ソロなのに、ソロじゃないような気分を味わわせていただきました。ありがとうございました^^

こんな山2日目
つづきはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
2013.08.21

天空の色絨毯

ミヤマキンバイの黄色に包まれた
 ハクサンイチゲの 白
  これぞ 天空の色絨毯


130821.jpg

5DMarkIII/EF17-40mmF4L,F5.6,1/400s
date 2013.8.14~弓折乗越

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 21:55 | | COM(0) | TB(0) |
2013.08.20

<山日記>2013.8.14-17 双六・三俣蓮華・笠 ① ~素敵な出会い 

ちょっとここの使い方を方向転換・・・
写真でのひとことつぶやき はメインですが 時折 日記も書いてみようと思います。
せっかくの山や旅の思い出を残していこう!

ということで、記念すべき?第一弾は
お盆の山紀行 part1
今回の山行をひとことで言うならば、「素敵な出会いとよい天気」


実は、今回は山でまったりと過ごす!ということに重点を置いていました。
なぜなら、今年数度のまったり登山に味をしめたから^^;

そこで今回の山行に3つのルールを設定
① 午後1時には行動終了 あとは、まったり過ごす(早出はOK)
② 槍穂の景色を楽しめる稜線歩き
③ 人との出会いを大切にする


ここでルートをいろいろと選定して
1日目 新穂~鏡平~双六小屋テン場
2日目 双六~鷲羽方面~双六
3日目 双六~笠
4日目 笠~笠新道~新穂
に決定。お天気次第というのはありましたが、①②は初日を早出すればコンプリートできる予定。
暑いお盆、素敵な景色を堪能できそうなコースで敢えて、ガツガツせずに涼しく過ごしてきました。



さて、ここからが山紀行

まずは前日13日
仕事終わりに、帰宅後シャワーを浴びて荷物を積んで、いざ新穂へ
無事、無料駐車場にとめることができ、車中泊。 が一度起きてしまい二度寝ができない^^;


明けて14日
二度寝で寝付けなかったためか、予定よりやや寝坊。
出発は3時ジャストになりました。

まだまだ暗い中、ゆっくり歩き始め ゲート通過
更に舗装されたり砂利だったりの左俣林道を歩いて、わさび平小屋に到着 ここまで駐車場から約1時間半
うっすらと空は青みかかり始める・・・
ちょっと一休憩
b130820001.jpg


また歩きだすと、しばらくして林道から離れ登山道(小池新道)へ
b130820002.jpg


下丸山を左手に見ながら歩くと、瞬間 槍さん見えた♪
b130820003.jpg
これだけでテンション上がるなぁ(笑)

更に歩くと、沢の音が大きくなってくる。
秩父沢!
b130820004.jpg

わさび平から1時間ほど歩いてたので、休憩することに
すると、ここでこの山行最初のかつ一番の素敵な出逢いがあったのです。
お二人共カメラを持ったご夫婦さん。
ここではちょっとお話した程度だったのですが・・・

お二人は一足先に先に出発され
僕は しばし、ここから見える西穂に心癒され・・・
b130820005.jpg


さ、出発して進んでいくと、後ろにはどんどん西穂を始め、焼や乗鞍が顔を出してくる
b130820007.jpg
焼岳って、この朝日を浴びた淡い色が好きだったりするんです。

そうこうしてると、お二人に追いつく。
でも、このあたりから景色が綺麗なものでシャッターを切る回数が多くなってきてこちらの歩みも遅くなる(笑)
b130820006.jpgb130820008.jpg


お二人も写真を撮りながらなので、結果、ほとんど同じペースで進むことになったのです。
歩きながらお話することも、シシドウヶ原での一服でもお話を・・・
b130820009.jpgb130820010.jpg
b130820011.jpgb130820012.jpg
このあたりはお花も増えてくる・・・

歩き出すタイミングなんかは違えども、撮ってたりすると何処かでまた合流する
b130820014.jpg

もうちょっとで、あれを越えると 鏡平
b130820015.jpg

ここにもコバイケイソウがいっぱい
b130820016.jpg
今年は素晴らしい当たり年ですよね・・・どこに行っても多いし、綺麗


きましたよ♪ 鏡池に
b130820017.jpg

槍見えた! で写ってる!!
b130820018.jpg
これは、最初の写真を撮りたかったポイント

当たり年くんもせっかくなので写ってもらおう
b130820019.jpg

正直言うと、鏡というほど澄んではなかったんだけど・・・でも綺麗なんですよね
b130820020.jpg
せっかくなので、水鏡のお日様にも写っていただく!!

ここで、のんびり まったり
雲ノ平から戻ってこられたお子様連れのファミリーやご夫婦のジャンプ競演(で写真撮影)もあったり
楽しめた~

そして横の鏡平山荘にで
b130820021.jpg

ここでも やはりまったり 
かき氷のれんを見つけ(正確にはあるよと聞いて)、かき氷でクールに
b130820022.jpg
おふたりのと合わせて、信号機の完成(^-^)

結局、鏡平に1時間以上滞在してました(笑)
既に今回の目的が達成されようとしているということに感動しつつの初日の前半でした。


続きは後日・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
2013.08.19

広がる

深く立ち込めた朝霧が
 朝日を浴びて ふと消えゆくとき
  一気に世界が広がり 輝く世界が広がる


130819

5DMarkIII/EF17-40mmF4L,F16,1/250s
date 2013.8.15~双六~三俣蓮華の稜線より 
右から鷲羽・ワリモ・水晶 手前に三俣蓮華

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:31 | | COM(0) | TB(0) |
2013.08.18

夜明け前

夜明け前
 アルプスと星とお天道様が奏でる
  神々しい山影と絶妙な光跡と色味
 

130818


5DMarkIII/EF17-40mmF4L,F6.3,30s×9=270s
date 2013.8.17~笠ヶ岳テン場より

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:26 | | COM(4) | TB(0) |
2013.08.07

ギョっとする

ギョギョギョ っと
 なぜか そこに立つ
  
それを見て
 ギョッと する ぼく

130807

5DMarkII/TS-E24mmF3.5LII,F9,1/60s
date 2013.8.4

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:26 | スナップ | COM(0) | TB(0) |
2013.08.06

寄り道

ちょっとした 寄り道
 ちょっとした 日暮れ時の
  ちょっとした 夏の情景


130806

5DMarkII/EF50mmF1.2L,F1.8,1/2000s
date 2013.8.4~白川郷

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:25 | 風景 | COM(0) | TB(0) |
2013.08.05

白樺とゆりと

白樺に囲まれて
 風に揺れる ゆり
  
夏の自然を感じる


130805

5DMarkIII/EF70-200mmF2.8LISII,F14,1/320s
date 2013.8.4

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 22:28 | | COM(0) | TB(0) |
2013.08.04

パステルカラー

梅雨明け空
 燦々と光を浴びて
  パステルカラーに輝く
ユリの花 
   


130804

5DMarkIII/EF70-200mmF2.8LISII,F2.8,1/6400s
date 2013.8.4

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 22:07 | | COM(0) | TB(0) |
2013.08.03

いまも 精一杯

この子達が一番輝くのは 秋
 でも
  いまも精一杯 綺麗なんです


130803

5DMarkIII/EF70-200mmF2.8LISII,F6.3,1/320s
date 2013.7.21

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 22:07 | | COM(0) | TB(0) |
2013.08.02

多彩

空を かけてゆく
 多彩な 大輪

 
130802


5DMarkIII/EF70-200mmF2.8LISII,F11,2.5s
date 2013.8.1

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 23:06 | 夜景 | COM(0) | TB(0) |
2013.08.01

始まりは Requiem

130801

雨交じりの 大輪の花
 僕らには 記憶にもない出来事だけども
  始まりは Requiem


~この花火の起源は この街にあった空襲
  終戦の年の 今日この日の夜(正確には明日未明) 街が赤く染まった
   その2年後から続く イベント~


5DMarkIII/EF70-200mmF2.8LISII,F11,多重露光
date 2013.8.1

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
Posted at 21:47 | 夜景 | COM(0) | TB(0) |
QLOOKアクセス解析
このサイトを登録 by BlogPeople