2013.08.22

<山日記>2013.8.14-17 双六・三俣蓮華・笠 ② ~双六はご機嫌斜め

お盆 山紀行②

前回はこちら

14日
まったりと過ごした鏡平を背に いざ稜線をめざして登る
振り向けば下に鏡平に山荘 コバイケイソウの咲きほこる先には槍穂♪
b130822001.jpg
やっほーい。この景色だけでテンションが上がる。

しかし・・・この後、この山行最大のアクシデントが
突如 痛っ!!
手に刺さった。 ハチ ><;
もう必死です(汗) 急いで毒出して。。蚊に刺されたようにちょっと膨れたと思ったら、ちょっと赤くなってくる でも、あまり痛みはない
あー、どうなることやら 
気を取り直して、取り敢えず 登ることに

弓折乗越 着
今日の登りはだいたい終了!
b130822003.jpg
ここから見える景色もいいなぁ

そしてここには、お花畑
b130822004.jpg
ハクサンイチゲ 大小のシナノ・ミヤマキンバイ
綺麗でしたね

更に歩くと 雪田
b130822008.jpg

そして、双六も見えて、手前はお花畑 その名も花見平
b130822009.jpg

青系の花は好き
b130822010.jpg

西鎌尾根もはっきりと!!
b130822011.jpg

ついに今日の目的地が見えた♪
b130822013.jpg

まだ12時ちょっと前なのにテントがいっぱいある^^;
b130822014.jpg
早速、受付を済ませ、テント設営。
道中かなりご一緒だったお二人のお隣に設置させてもらいました。

で、ちょっと不安だったハチ刺され
サマーレスキューのお世話になることに
b130822015.jpg
結果、刺されてるけど、問題なし!との診断
ホッとしました>< 
この前の劔でも感じましたが、お医者さんって偉大です。しかも山の中での!


これで安心してビールを飲める(笑) まずは到着のビール!
そしてお昼ご飯を食べてる間にガスが湧いてきて 双六に行くのを断念
そして お昼寝

起きだして
そろそろ晩御飯をと思って準備をしようとすると
お隣のお二人がちょっと先で色々な方とお話を お知り合い?

ブログで知り合った方々だそうで、こんなところでこんな大勢の方が集まれるのもすごいなぁと感動

せっかくですので、小屋の前でみなさんと乾杯!!
でも、座る場所もないくらい混んでたので 残念でしたがテントに戻り、ご飯を作る

今日のメニュー 
ウィンナーはお二人からのいただきものです^^ありがとうございました♪
b130822016.jpg

そのあと、ちょっとガスが晴れてきたので
せっかくなので樅沢岳にお二人を誘ってアーベントロートの槍を見に!

登り始め
テン場をみると、こんな感じ。
もうギューギュー 素敵な埋まり具合です
b130822018.jpg

で、樅沢岳に到着
ところが、穂先が雲の中 お二人、誘ったのにこんな感じでごめんなさい
b130822019.jpg

でも、待ってると穂先がチラリ
b130822020.jpg

せっかくなのでもっとアップ
b130822021.jpg
やや不完全燃焼でしたが、穂先が見えたので良しとしよう!

薄暮にイワギキョウが映えます
b130822022.jpg

鷲羽方面の夕暮れ 明日はあっちのほうだ!
b130822023.jpg

月が出て、うっすら笠
待ってろよ♪
b130822024.jpg

と、こんな初日を終えます

15日
朝は早く2時半起床 外にでると満天の星
よっしゃー すごろくからの朝と流星撮るぞと意気込んで 出発

ところが・・・
b130822025.jpg
山頂着 3時半 この時既に 世界はガスの中
このあと日の出まで寒い中粘りますが、ガスは一向に晴れない
これが この山行でも記憶に残る苦行 寒かった

そうこうしてると、ちょっとずつ 明るくなりだして
撮るものがないので 山頂でも(笑)
b130822026.jpg

日も昇り 山頂で同じく中腹で同時刻から登りだして写真の撮れなかった方と話を・・・
この後 雲ノ平に行かれるらしい いいなぁ。また行きたい!

お二人も登ってこられ、ここで先に行かれました~ きっとまた出会えるだろうな。

朝のガスでも こんな暖かい色に包まれた チングルマ
b130822027.jpg

ミヤマアキノキリンソウかな~ いっぱい咲いてた
b130822029.jpg

ちょっとずつ ガスが薄くなってきた! 期待できる?
b130822030.jpg

と思ったら、槍見えた♪
b130822031.jpg

うっすら 鷲羽も
b130822032.jpg

で、ガスが薄まり 朝の光に包まれて 素敵な景色が
130819

三俣蓮華につくころにお二人に追いつき
世界はくっりりと素敵な景色
槍 くっきり
b130822034.jpg

鷲羽 くっきり
b130822035.jpg

ヨツバシオガマ 結構好きだな
b130822036.jpg

三俣山荘 見えた
b130822037.jpg
ここで、去年の山行を思い出した~
ちょっと壮絶だったからな。。。 ずっと雨で、鷲羽の下りで膝がロッキング
三俣山荘につく頃には お先真っ暗だった  って

まあ、そんなことを思い出しつつも三俣山荘に着
が、思ったよりも遅くついちゃいました。
ガスが晴れてから結構写真撮ってたからな(笑)

ここで、鷲羽に行くかの選択 
行っても普通に帰って来れる時間だけど
今回のまったり目標が達成できなくなる!
お二人もここまでということなので
踏ん切りもついて、今日はここで引き返すことに

だって、雲ノ平も見えたし 薬師も見えたし、黒部五郎も見えたし
鷲羽、ワリモ、水晶の連山も見えた。 

去年見えなかった景色が見えただけで満足
あえて、因縁の鷲羽は残しておこう♪

で、三俣山荘の食堂へ
b130822038.jpg
おしゃれなんです。でも中が暗くて^^;
山にはフラッシュを持ち込んでないので、この雰囲気写真で我慢

まずは腹ごしらえ
b130822039.jpg

その後は デザート
b130822040.jpg

はい、ここのお味はグッドでした。
お腹も満足したので、さ、戻りましょ

三俣山荘 バイバイ
b130822041.jpg

三俣蓮華に
黒部五郎がいい感じで見えてる ここのカールって遠目で見てもすごいよね
b130822042.jpg
去年、カールを歩いた感動が蘇ってきた
また行きたいな・・・ 来年はここに行こうかな。

で、ここでまた出逢い
お二人のお友達とここでバッタリ 
裏銀座をソロの方。
今日ここを通ることはお互い知っていたようで 食堂でまったりしているあいだに行き違いだったようで
でも、ここ会えるってすごい!!お二人の山人脈にまたまた感動です。

で、ガスリベンジで再び双六に(ホントは巻道でカールを歩く予定でしたが、朝景色が見えなかったので)
b130822045.jpg
はい、ご覧のとおり ガスです
双六さんには嫌われてるみたいです^^;

双六の中腹はなだらか
b130822046.jpg

ホントなら、この道の先には槍が(ほんとは、この瞬間うっすら写ってるんですが、見えますか??)
b130822047.jpg

旦那さん ジャンプ
ジャンプ写真が多くて 絵になるんですよ~ 便乗写真でした
b130822048.jpg

小屋に戻って 4人で乾杯
今日はおでん付き
b130822049.jpg

今日のテン場
昨日よりはすっきり でも多めですね
b130822050.jpg

この日はカレーを作って食べて
まったり2日目が終了です。
この日、お隣テントの男性とは、カメラやいろいろな話で盛り上がっちゃいました。

また、お二人は翌朝早出をされ、西鎌を歩まれて槍に・・・
ということで、ソロなのに、ソロじゃないような気分を味わわせていただきました。ありがとうございました^^

こんな山2日目
つづきはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
この記事へのトラックバックURL
http://tabbilog.blog.fc2.com/tb.php/275-c7ed0100
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
この記事へのコメント
tabbiさん、こんばんは~♪

ホント同じ時に同じ場所を歩いても、それぞれの心に響いたものは違うんですね。
だから写真って面白いな~ってつくづく思うんです。
相棒と一緒に歩いていてもいつも全然違うし(笑)

ハクサンイチゲと黄色いお花達のコラボいいですね。
明るい雰囲気がいっぱいで素敵です。
パスタも美味しかったですね、また食べたくなっちゃいました。

tabbiさんと会えたお陰で私たちも本当に楽しい二日間になりましたよ。
出逢いってホント不思議ですね。
カメラがキャノンだったのも話すきっかけになったしね。
今度は双六から槍ヶ岳を撮ること、そして次回は三俣蓮華でテントしたいな。
黒部五郎も行きたいし、夢が広がります。
Posted by 矢車草 at 2013.08.23 22:22 | 編集
矢車草さん

こんばんは
お二人の写真見比べ、写真感性、その違いを実感できるのがホント楽しそうです^^
でも、お二人がキヤノン機でよかった。ほんとそれがきっかけな気がします!!

双六から槍を見るリベンジ必要ですね(笑)
今度は双六から西鎌尾根歩こうかな・・・なんて思ったりしてます。
黒部五郎も雲ノ平も惹かれてます。
どうしてこうも北アルプスは何度も惹きつけられる魅力があるのでしょう。
今回みたいに都度、都合よく忘れ物をしてくるからでしょうか^^;
Posted by tabbi at 2013.08.25 01:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
このサイトを登録 by BlogPeople