2013.08.26

<山日記>2013.8.14-17 双六・三俣蓮華・笠 ③ ~笠へと続く道

お盆 山紀行③

①はこちら
②はこちら


さ、お盆山紀行の第三弾です。
ホントはもっと前に書こうと思ってたのですが・・・
前々から悲鳴をあげはじめていた写真を処理しているメインのデスクトップPCがついにもうダメと言ってきました。
5DMarkIIとほぼ同期 PCとしてはほどほど頑張ってくれたでしょうか。データのbackupも問題なかったので一安心。
週末は、次のPCの手配をしました。今週末に組みあがる新しいPC(セットアップ、細かい設定などを考えるともうちょっと先かな)までは、モバイルで凌ぎます(モニターの色がさっぱりなので不安ですが)。
ほぼ同タイミングでプリンターもダウン。続きますねぇ・・・
そんな余談はさておき

16日
この日は一度起きだして
昨日ゆっくりと見えなかった星空ウォッチング
b130826_000.jpg
天の川もくっきり
やっぱり山で見る星って素敵です。
満足してテントに戻るも、ちょっと身体が冷えすぎたようでなかなか寝付けなかった・・・

まだ夜も明けぬ中
次第に周りが騒がしくなる。早出の方が多くて・・・
朝ごはんを食べるころ、おふたり(矢車草さんご夫婦)も槍に向けて出発。お気をつけて~

そして、ご来光を見たらすぐに発てるように
テントの夜露をぬぐいながら、撤収。 この日の夜露はなかなかのもので、ぬぐいきれなかったテントの夜露が地味に重かった(汗)

そして、小屋の横でご来光をまつ
地平線上の雲がなかなか素敵な形。 まるでフェニックスの頭のような形で、金色に
b130826_001.jpg
やっぱりご来光はいいものです。
ようやく今シーズン初めてみました。
お天気や雲の悪戯で見えなかったり、モルゲンモート狙いで太陽に背を向けていたり。ホント何度目の正直だろう(笑)
こんな素敵な景色に背を向けているなんて、罪な人ですね^^;

テン場、双六池、そして今日の目的地の笠
この朝の景色もいいですね
b130826_002.jpg
撮り終えていざ発とうというとき、ちょうど昨日ご一緒になった矢車草さんのお友達のみっちゃんさんにもお会いできました!
槍に向かわれます、お気をつけて♪

いろいろな方向からの人が行きかう ここ双六
まさに北アルプスの交差点ですね

さ、歩き出すと すぐ 鮮やかながら毒々しい 青が
この光があたってないこの色、雰囲気が好きだったりします~
b130826_003.jpg

ちょっと歩くと
槍さん おはようございます
b130826_004.jpg
西鎌尾根から洩れる朝の光 逆光
とても素敵な朝の景色です

西鎌尾根もきれいです
b130826_005.jpg

弓折乗越まできました~
b130826_006.jpg
ここから先は 笠へと続くロード

すぐに目に付いた ハクサンフウロ
b130826_007.jpg
ちょっと穴の開いちゃったかわいい花 そして日がまだ当たらぬこの色味
なんか雰囲気がたまりません

弓折岳を越えると
大ノマ乗越までの下り
b130826_008.jpg

そして大ノマ岳への登り
b130826_009.jpg

左手には 常に逆光の槍・穂
b130826_010.jpg
逆光の輝かしいこの姿を見ながらの稜線歩きって幸せです

大ノマ岳からは秩父岩が見えてます
b130826_011.jpg

山で一番見る花の色って 黄色かもしれません。
あちこちに黄色
b130826_012.jpg

さ、秩父平からこれから登る先をみる
b130826_013.jpg

斜面にはコバイケイソウ
ちょっと露出差が激しいシチュエーションですが、白い花と秩父岩と槍穂~ なんともいえない景色ですね
b130826_014.jpg

岩肌 かっこよすぎです
b130826_015.jpg

そうこうしてたら、再び笠が見えた
b130826_016.jpg
あとは数度のアップダウンを繰り返しながら 笠を眺めながらの稜線歩き

笠新道との分岐手前で荷物をデポして
抜戸岳に登る けど ちょっとひどい道 そんな距離ないけどルートが分かりづらかった

ここも素敵な景色が広がってます
b130826_017.jpg
そして、笠へ

時折ガスがかかりながらも、見えてます~
b130826_018.jpg

抜戸岩 せっかくなので、笠さんに写っていただく!
b130826_019.jpg

もうちょっと 小屋の直下の雪渓の横がテン場(テン場は歩いてると見えなくて、突如現れます)
b130826_020.jpg

もうちょっとだよって、雷鳥くんが先導してくれます
b130826_021.jpg
ホントは 横にファミリーがいたので警戒してたんだよね。ゴメンなさい。
かわいい子雷鳥もちょこちょとと歩いてましたよ~

テン場にザックをおき、空身で小屋に
意外とテン場から小屋が遠いんですよね・・・
b130826_022.jpg
お昼ちょっとすぎ、受付を済ませて、なんとなく飲みたくなったオレンジジュースを抱えてテン場に戻る。
テントを設営・・・する前に、フライなどを天日干し。結構濡れてましたので・・・
その間にお昼ご飯。
そしてテント設営。

それから、てっぺんに登る
b130826_023.jpg
上から見た、小屋(左)とテン場(右下)

頂上の広場からちょっと離れたところに神社がありました。
無事ここまでこれて、ありがとうございます!
b130826_024.jpg
はい、相変わらずお昼をのんびり取ってる間に槍穂はガスの中(笑)

頂上でソロの女性と男性とお話しながらガスが晴れるのを待っているものの、晴れない。
女性の方、お話を聞いてると関東から来られてて、今回がソロでは初の北アルプス。
そして、2週前のひどい天気だった剱にもいらっしゃってたようで、同じとこにいたんだなと、これまた面白い縁。
男性の方は、テントがお隣!そして、下山時もお会いしました。

テン場に戻る際、小屋でビールを調達して・・・
今回の山行での最後の晩餐

日も暮れ、ガスにも包まれてたので一旦寝ようとするものの
寝る準備をしている間に ちょっと明るくなったような気がしてテントから顔を出してみると

月明かりに照らされて 見えてます!! 穂高さんも槍さんも
b130826_025.jpg
月明かりに照らされる山の姿って 大好きでよく撮ってしまいます・・・
テントからこの景色 贅沢なテン場です♪トイレが遠い以外は最高だ!!

小屋と月と・・・そしてテントたちと
b130826_026.jpg

テントの奥には 北斗七星
b130826_027.jpg
夜の素敵な景色を堪能して、今日はおやすみなさい


こんな山3日目
つづきはまた後日

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
この記事へのトラックバックURL
http://tabbilog.blog.fc2.com/tb.php/278-f1bc1ced
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
このサイトを登録 by BlogPeople