2013.09.25

<山紀行>北穂高岳と奥穂高岳と涸沢と・・・ 秋の3day ①~北穂編

秋の3連休の山紀行
今回は、穂高

前々からしてみたかったことに、北穂高小屋に泊まる!ということがありました。
泊まるとなれば、ルート的に一日目で北穂まで行くか、
一泊目を涸沢にして、奥穂経由で北穂を目指して泊まるか。

最終日をゆるくしたい思いがどうしてもあったので、初日に北穂まで登り、2日目は稜線を奥穂まで行って涸沢に下りることにしました。
ここで、涸沢の宿泊をどうしようかと思い・・・ 結局テントを選択しました。

まずは その1 

21日
この日はあかんだな駐車場の開門とともに入り、バスに揺られて上高地へ
2013_09_24_001.jpg

バスターミナルは登山者で溢れています
きっと山の中も人多いんだろうな・・・
2013_09_24_002.jpg

朝の上高地からの 前穂 西穂 正面に奥穂
ちょっと雲が多めですが、素敵な景色が広がって 気分はすでにupです。
定番の河童橋を入れて!
2013_09_24_003.jpg

横尾まではただただ歩くだけ
上高地散策の時はそれなりに楽しみながらでも、目的地が奥にあるとどうしても速足で景色が過ぎ去っていきます。
でも、あまり変わり映えしないんですよね。
折角なので、朝の日が当たってない樹林 朝の緑の色が好きだったり
2013_09_24_004.jpg

明神岳が梓川越しにそびえてます!
2013_09_24_005.jpg

そうこうしてると明神着
2013_09_24_006.jpg

さらに足を進め
徳沢に 
徳沢のイメージって、この原っぱのテント越しの徳沢園
2013_09_24_007.jpg

徳沢園は、横尾までの間で一番好きですね~
2013_09_24_008.jpg

さらに進んで、
ちょっと花も撮ってみる。まだ日が当たらないところが多くて・・・しっとりとした色で
2013_09_24_009.jpg

横尾着です。8:30 ここまでのウォーミングアップの2時間半の歩行を終え、ちょっとお腹に食べ物を入れて、登りに備えます。 
この10キロ以上のアプローチは 長いですよね~
2013_09_24_010.jpg

横尾大橋を渡って、歩いていくと 屏風岩が目の前に
2013_09_24_011.jpg

更に・・・北穂が見えてきました。
今日は、あのてっぺんがゴール。 まだまだ遠い(笑)
2013_09_24_012.jpg

本谷橋
ゆれーる苦手な橋を超えると多くの人がひと休み
それにつられて、ひと休み
2013_09_24_013.jpg

さ、涸沢までの一番の登りを行きます・・・
緩やかになり、Sガレまでくると、涸沢ヒュッテ そして 奥穂が見えました。 
ヒュッテが見えてから、意外と遠いんですよね^^;
2013_09_24_014.jpg

涸沢岳も見え、涸沢まであとわずか
2013_09_24_015.jpg

ヒュッテと小屋への分岐です。もうちょっと
2013_09_24_016.jpg

チングルマの綿毛が迎えてくれます。
でも、チングルマの真紅の紅葉はまだなんだなぁ・・・
2013_09_24_017.jpg

ヒュッテ着です
2013_09_24_018.jpg

素敵なカールにテントを張ります。
2013_09_24_019.jpg
そう、今日はテントをここに張って置いていきます。
明日テントを見つけやすいようにと、ヒュッテ側に設営したのですが、やっぱり下がガレガレで寝心地悪そう・・・

この日のテント受付は12:30
ご飯を食べて、まったりと待ちます。
ヒュッテにいって、テラス越しに北穂を撮ってみたり
2013_09_24_020.jpg

で、受付を済ませ
なんだかんだで13時を過ぎちゃった
2013_09_24_021.jpg
さ、北穂に!ちょっと遅くなるかなぁ^^;

北穂への道は 最初からそれなりに急です
2013_09_24_022.jpg
テントが無くなった分、荷は軽くなったはずですが、足取りはそんなに軽やかになりません(笑)

そうこうしながら高度を稼いでいくと、前穂がギザギザと主張し始めました。
かっこいいですよね!
2013_09_24_023.jpg

中腹は黄色く染まってます
2013_09_24_024.jpg
途中、登山道の修理をされている方々に出会いました。
この方々のおかげで、安全に登れているんですよね。感謝感謝

だいぶ、涸沢が下に見えるようになりました。
2013_09_24_025.jpg

稜線はガスがかかり始めました・・・
2013_09_24_026.jpg
涸沢岳の中腹あたりもいい感じで染まってます。
光の当たり方がスポット的でよかった♪

ガレガレだったり、手を使ったり、梯子、鎖も抜けながら
2013_09_24_027.jpg
穂高に来たな って気分になります。

奥穂の奥に ロバの耳やジャンダルムも見えてきました。
見えるのがうれしくて
2013_09_24_028.jpg

南陵のテラスにつきました。ここが北穂のテン場
小屋から遠いですよね・・・
2013_09_24_029.jpg

草が色づいて、光が当たってきれいです
2013_09_24_030.jpg

稜線の縦走路につきました。あとちょっと
2013_09_24_031.jpg
この距離ってあくまで直線距離ですよね。 
なんだかこんな短い距離しか歩けてないって悲しい。。。けどそんなものですよね。
山道の表記っていい方法ないものですかね?

北穂頂上にきました!
2013_09_24_032.jpg
そこはそこは 素敵な白い世界!!
遅かった・・・

頂上直下 階段を数えれるくらいちょっと下りただけで
北穂高小屋 着です。 今日の宿泊地 そして、今回のある意味目的地♪
2013_09_24_033.jpg
この日は、ふとん1枚に2人
まあ、多いですけど許容の範囲で助かりました。

テラスで生ビールをいただきます^^

美味しくいただいてると、ガスが晴れてきました。
槍さんみえた!
2013_09_24_034.jpg

さあ夕食です。
これは到着順の割り当てではなく、希望順。
入れ替わり毎に声がかけられます。玄関入ってすぐが食堂で狭いのですがいい雰囲気
メニューは有名な豚の生姜焼き 美味しかったです~。で、久しぶりの小屋泊でしたので、遠慮なくご飯とおみそ汁をおかわりさせてもらいます!!
2013_09_24_035.jpg

食事を終えて再び外に ガスがさらに晴れてます!!
よーしと北穂頂上に登り、撮影準備OK

槍がどーん
2013_09_24_036.jpg
後立山まで見えてます

すぐに夕方の色になってきました。
久しぶりの見事なアーベントロートに出会えそうで、すでにワクワク

北穂からの大キレットへの落ち込み そして、槍へと続く道
2013_09_24_037.jpg
夕染めの淡い色がたまりません

遠くには 黄金色の雲海に浮かぶ 白山
2013_09_24_038.jpg

再び 槍
アーベントロートでますます綺麗に
2013_09_24_039.jpg
お日様がつくるこの色は大好きです

奥穂にジャンダルムも焼けて
2013_09_24_040.jpg

前穂高も穂先が染まります
2013_09_24_041.jpg

穂高の岩肌が染められて 美しくて
2013_09_24_042.jpg

そうこう楽しんでると
このひと時を与えてくれた夕陽が 笠の横に沈んでいきました。
2013_09_24_043.jpg
素敵なショーをありがとう!!また明日♪

陽が沈むと あっという間に夜の色に包まれ始めます。
雲海が湧き 日の入りでは西鎌尾根だけだった滝雲が、大キレットにもつきました。
2013_09_24_044.jpg

ここで部屋に戻って同部屋の方とお話を
早々に赤い月がのぼり まだまだ丸い月が山肌を照らし始めた頃を見計らって外に

槍の山肌もくっきり
滝雲も残ってていい感じ。 星も見えて。 暗いのに、写真に写すとまだ太陽の明かりも残っています。(日の入りから一時間以上たってるんですけどね)
拡大すると星もちゃんと写ってます・・・
2013_09_24_045.jpg

常念の奥に月が
街明かりもきれいです
2013_09_24_046.jpg
テラスで出会った方ともお話を・・・

北穂で出会ってお話した方々は 四国、九州、関西などなど ホント遠くからの方が多い。
皆さん、ずっと前から予定を決めてこちらにいらしてて。ちょっと前に天気見て決めて、ふらりと登ってる自分とは大違い^^;
口を揃えて、今日の素敵な天気と景色に感謝されてましたね!
やっぱり山はお天気に限ります!!

こんな感じの初日が終了。
この後も素敵な景色がいっぱい目の前に広がる山行。

つづきは こちら


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
この記事へのトラックバックURL
http://tabbilog.blog.fc2.com/tb.php/293-72465c7f
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
この記事へのコメント
レポ、待っていました。
写真、どれもこれも素敵です。
このところ、私は穂高界隈には入っていなくって...
こんな素敵な写真を見てしまうと、行きたくなってしまいます。
北穂の小屋、1枚の布団に2人とは意外ですね。
初日で北穂まで上がる人は少なかったのかな?
私が何年か前の10月の三連休に行った時は激混みでした。
続きのレポ、楽しみにしています。
Posted by chiaki at 2013.09.30 14:32 | 編集
chiakiさん
やっぱり涸沢や穂高はいいですね!!
どこを切り取っても絵になってくれます(^-^)

小屋も半分くらいは涸沢や横尾あたりで前泊された方もそれなりに多くて、
一日でここまで上がってきている人がそこまでいないんだなと思いました。
まだ2人に布団1枚だと可ですね、でも久しぶりの小屋でこの状態は少々辛かったです(笑)

筆が遅いですが、のんびり続きを書いていきます。
Posted by tabbi at 2013.10.01 00:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
このサイトを登録 by BlogPeople