2013.10.27

鈍色空に

秋バラが
 鈍色の空の下で
  少し寂しそうに咲いていた

131027.jpg

5DMarkIII/EF50mmF1.2L,F5,1/60s
date 2013.10.26~奥卯辰山健民公園

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったらクリックして応援してください♪↑
この記事へのトラックバックURL
http://tabbilog.blog.fc2.com/tb.php/303-e5ef4077
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
この記事へのコメント
「山は心をあとに残す方がいい」かぁ。
私ももう一度、百名山を読んでみようかしら。
あの長い梯子とか懐かしいです。

雨飾山…一番印象に残っているのは車中泊したキャンプ場の駐車場が暑くて眠れなかったこと。
テントを持って来れば良かったと…ベンチの上で空を見上げてたこと。
そんなことが結構一番記憶に残ってたりしますよね(苦笑)

写真展行ったのですね~!
そうそう、私もなるべく写真展には行くようにいしているけど、
プロの方のだけしか行かないの。
前に知人が出していたので行ったのだけど、申し込み順で出せる写真展だったらしくてレベルの低さに驚いて…
そのあとすぐに行ったEOSの秦達夫さんが別のところでやってる写真グループの展示会には圧倒されるものがありました。
やっぱり先生によるんだな~って思い知らされたのでした。
Posted by 矢車草 at 2013.10.29 22:09 | 編集
登る前に百名山を読むと、なかなか考え深いことがあったりしますよ^^
矢車草さんの雨飾山の記憶、なかなか忘れられなさそうですね(笑)

そもそもこちらで写真展ってなかなかないので、気になった著名な写真家の人のものには足を運びますね。
あと、東京でふらりと立ち寄ることもあります。
僕は、やはりスタンダードな風景写真家が好きかなぁ。でも、普段見れない景色へのあこがれからか、吉村和敏さんのヨーロッパの街並みとか。
あとは、テレビで見た岡嶋 和幸のスナップが未だに頭から離れなかったり・・・
そうそう、写真展に行った日、
たまたま別のところでバービー山口さんとか全く自分のジャンルとは違う中井精也さんの写真を見る機会もあって、
ぽい写真だなぁ(当然なんですが)と、ひとりテンション上がってました。

写真で食べている方の写真には、それなりの理由があるなぁと見るたびに実感できます。
そして、ひとの写真を見ることの大事さを痛感しますね^^
Posted by tabbi at 2013.10.29 22:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
このサイトを登録 by BlogPeople